YOU-PROJECT
演劇ユニットYOU企画

ここは演劇ユニットYOU企画の関わる公演・ワークショップに関するHPです
TOP Profile @Hirakata Archive News Blog
  What's YOU-PROJECT TOPページ > これまでの記録 > 2006年度秋公演「ハーフ-Where the heart will be-
Archive これまでの記録 これまでの記録一覧に戻る
過去の公演



本作品を産んだ
写真たちの企画
「@枚方」は、

コチラ

 
アートコンプレックス1928提携公演 ・ 京都芸術センター制作支援事業

“ 懐かしき あの 風景が、 こころを 解き はなつ”
 
− 大阪と京都の狭間にある枚方という地を舞台に、一人の男の人生の途上を、垣間見る。

会場

アートコンプレックス1928(京都)


日時

2006年 10月7日(土) 19:00
  10月8日(日) 15:00*1/19:00*2
  10月9日(月・祝) 13:00※/17:00
 


*1ポストトーク(1)「枚方とその風景について」
・・・ゲスト:柳沼昭徳(劇作家・演出家/烏丸ストロークロック)
*2ポストトーク(2)「枚方とそこに住む人々」
・・・ゲスト:ごまのはえ(劇作家・演出家/ニットキャップシアター)

両氏は本作がモチーフとした枚方にまつわる作品を作り出されています。
演出松浦とそれぞれの見た”枚方”について語ります。


作品

主人公は楠木悠(くすのきゆう)とその恋人小泉蛍子(こいずみけいこ)。ゆうが突然いなくなる・・・。

けいこは元夫の竹中を訪ねて、ゆうの故郷でもある枚方を訪れる。四年前引っ越して以来だった。
ゆうと花火大会に行った枚方大橋のふもとで、石投げをするけいこ。でもなかなか飛ばない。ゆうはうまいのだ。その時、掃除をしていた清掃員とふと言葉を交わすことになる。その会話の端々に、なぜだか見えてくるゆうの足跡。

ゆうがこの枚方市に来ている、という不思議な確信を抱いた彼女は、ゆうを知る人々を訪ねていこう、と思い立つ。
こうして、ゆうを追いかけるけいこの枚方・八幡を巡る行程が始まった。


プロダクションスタッフ

作: クスキユウ
戯曲イメージ写真: 平野愛
演出: 松浦友
出演: 松井千恵 松浦友
氏田敦(劇団冬芽舎) 山本周 朝倉詩(ニットキャップシアター)
中武題(グループ跡) 三輪真以子(グループ跡) 小松史郎  
米田有希 岡哲司 佐々木思郎 梁瀬恵理子
舞台美術・舞台監督: 西田聖
照明: 寺澤哲
音響: 神田川雙陽(劇団粋雅堂) 木原詩織
衣装・ヘアメイク: 朝倉詩(ニットキャップシアター)
制作: 大嶋英司 垣脇純子 福原加奈
宣伝美術: FLAT-FIELD
記録写真: 仲川あい

総合プロデュ―ス YOU-PROJECT

主催:演劇ユニットYOU企画

アートコンプレックス1928提携公演
京都芸術センター制作支援事業

協力:枚方演劇連絡会

MEMO

YOU企画がクリエーターとして最もやりたかったことを最大限突き詰めた作品です。
枚方の持つ空気感、過ごした時間や場所を懐かしむ気持ちなど、感性重視の公演でした。
「1幕モノ・暗転は極力しない」基本方針でこれまで創作してきましたが、この作品は全部で12場面。
作劇上1場面しか出てこない俳優さんも数名いたりして、今までの方法論に対して実験的で贅沢でした。
作家クスキユウの自己言及的つくりの脚本にも観客から批判があり、フィクションと現実の間を創る演劇という媒体について深く考えさせられました。
演出家も今までの方法論を捨て、演技経験の少ないCDF参加者などを起用して、あだち充のような雰囲気の物語にどうリアリティーを与えていくか終始悩んでいました。
この「ハーフ」という作品自体は5年前のYOU企画旗揚げ公演からの再演で、設立当初から予定していた公演がこれでほぼ終了し、ここから新展開が始まります。

STAGE PHOTO
        
             
              
             

photo:Ai Nakagawa


Copyright (C) 2006 YOU-PROJECT. All Rights Reserved.