YOU-PROJECT
演劇ユニットYOU企画

ここは演劇ユニットYOU企画の関わる公演・ワークショップに関するHPです
TOP Profile @Hirakata Archive News Blog
  What's YOU-PROJECT TOPページ > これまでの記録 > Creators Workshop
Archive これまでの記録 これまでの記録一覧に戻る
過去の公演

クリエィターズ・ワークショップ

持って来る物は想像力(イマジネーション)と創造性(クリエイティビティー)、身体(からだ)一つで創る喜び、教えます!

2005年10月1日・2日 「コンテンポラリーダンス編」@牧野公民館2F音楽室・3Fホール
2005年10月8日・9日 「演劇編」@御殿山美術センター3Fホール


コンテンポラリーダンス編



最も手軽な一人遊び=ダンスをてがかりに自分の身体を使って遊んでみましょう。コンテンポラリーダンスというステップや決まった動きにとらわれないダンス分野の異なる振付家の二人の方法論から、自分にしか生み出せない作品を創作してみます。

2005年10月1日(土)講師:北村成美
10:00−13:00「なにわのコリオグラファーしげやんのバカおどり道場1」
14:00−17:00「なにわのコリオグラファーしげやんのバカおどり道場2」


“浪速のコリオグラファー(振付家)”しげやんと一緒に創ります。バレエテクニックに基づく解剖学的ストレッチングの後に、自由闊達に動く自在なダンスを創りましょう。

[北村成美プロフィール]
6才よりバレエを始め、石井潤氏に師事。'91渡英。Laban Centre にて Professional Diploma in Dance Studies を修了。'93に帰国し、ダンスグループ 「構造計算志向」 を設立。'97〜'99まで「上海太郎舞踏公司」に客演するなど、関西を拠点に振付家・ダンサーとして活躍する。'00よりソロ活動開始。ひとりレビュー作品 「 i.d.」 を発表し、年間30ステージ上演を達成。モットーは生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス。その小さな身体から炸裂する「バカおどり」にはいつも笑いと哀愁が漂う。
http://www.shigeyan.com/



2005年10月2日(日)講師:セレノグラフィカ
10:00−13:00「身体に起こる今日の出来事〜自分で自分の身体のレポーターになってみましょう!〜1」
14:00−17:00「身体に起こる今日の出来事〜自分で自分の身体のレポーターになってみましょう!〜2」


今年のトヨタコレオグラフィー(振付)アワードを獲ったセレノグラフィカは、身体をこよなく愛でる研究者。午前中に身体の不思議を味わい、午後は創作の泉へ。

[セレノグラフィカプロフィール]
97年、関西を拠点に国内外で別個に活動を行っていた隅地茉歩と阿比留修一によって結成。独特のスピード感、絵画的な静謐さ、温かみのあるコミカルさなど、彩り豊かな作品群は、常に身体の質感に対する洞察や〈動き〉の洞察に根ざしている。
http://www.selenographica.net/


演劇編



柔軟な身体を持つコンテンポラリーダンサー森裕子によるワークショップで、動ける身体を手に入れて、午後からは俳優として、また演出として演劇創作をしてみましょう。

2005年10月8日(土)9日(日)講師:森裕子
10:00−13:00「リラクゼーションのためのボディワーク1・2

自分の身体をじっくり見つめ直し、日常的な動作、躍動的な動作が無理なく意識的にできるようになるための身体のとらえ方を探ります。まずはゆっくりストレッチをして身体をほぐし、そして歩く、走る、転がる、他者の身体に触れるなどの行為から、様々な動きを体験していきます。

[森裕子プロフィール]
'93年以降、MATOMA France-Japon、カンパニー・ファトゥミ・ラムルーなどの作品に参加。近年は、ダンスカンパニーMonochrome Circusを中心に、現代に生きる人間の関係性と身体性を新鮮な視線で描き出すことを指向している。コンタクト・インプロヴィゼーションの指導者として各地でWS講師を勤める他、京都精華大学一般公開講座でもその幅広い知識を活かして「からだへのきづき」のレッスンを定期的に行っている。

http://www1.neweb.ne.jp/wb/hot-summer/mc/index.html



2005年10月8日(土)講師:ごまのはえ
14:00−17:00「演劇を始めたい方のために」

OMS戯曲賞に輝くごまのはえは優れた俳優でもあり、主宰する劇団ニットキャップシアターで個性豊かな俳優たちを育ててきました。俳優として創作する可能性を追求してみましょう。

[ごまのはえプロフィール]
ニットキャップシアター代表。作家・演出家・俳優。
2004年、「愛のテール」でOMS戯曲賞大賞を受賞。2005年、「ヒラカタ・ノート」で新・KYOTO演劇大賞の演出賞を受賞。
自作の上演活動と平行して演劇講座の講師等も積極的に行っている。

http://knitcap.jp/




2005年10月9日(日)講師:松浦友
14:00−17:00「演出の可能性」

俳優でもあり、日本演出者協会員でもある松浦友は、近年W.サローヤンや横光利一など一癖ある戯曲を斬新な形で舞台化してきました。演出家は舞台上で何をどこまで成立させられるのかやってみます。

[松浦友プロフィール]
大阪府枚方市出身。中学・高校演劇を経て,1999年劇団立命芸術劇場に入団。2000年四月、演劇ユニットYOU企画を設立。毎年1〜2回の公演を行うだけでなく、枚方での演劇ワークショップ開催など、アウトリーチにも積極的に取り組む。2002年5月に長野県飯田にて演劇大学演出コースを受講、6月にはロンドンにてPhilippe Goulier に師事、意欲的に才能を研磨してきた。

総合プロデュース YOU-PROJECT
PHOTO

photo:YOU-PROJECT

Copyright (C) 2006 YOU-PROJECT. All Rights Reserved.